consequent と subsequent の違い

2011
12.26

original updated by LYDIA and her SALAD DAYS

consequent も subsequent も「その後に起こる。」と同じような意味が辞書に載っていますが、その違いはどこにあるのでしょうか?

2つの似た意味の言葉の違いがわからなかったら “consequent subsequent difference” とGoogle先生に聞いてみればだいたいいつも答えを教えてもらえます。便利な世の中になったものです。引きこもりには最適な世界ですね。

引きこもるのに人とコミュニケーションを取るために言語を学ぶ理由があるのかどうかはわかりませんが、とりあえず何もしないよりはきっと良いでしょう。

解説

さて、検索したら出てきたページの引用が以下です。

Although both a consequent event and a subsequent event occur after a prior event, subsequent merely indicates something that follows an event or occurs at a later time. Consequent, however, indicates something which follows as a result of the earlier event.

つまり、

subsequent event = 「ただ単にprior event が起きた後に続いて起きる event」
consequent event = 「prior event の結果として続いて起きる event」

という事です。 event は下手に訳さないほうが理解しやすいと思うのでそのまま置いてます。

まあ、参考サイトによるとネイティブでもsebsequent を使うべきなのにconsequent を使っちゃってるのが良く見られるそうなので厳密なやり取りの必要がない場なら違いを気にしなくてもいいんじゃないでしょうか。

品詞の違い

それとsubsequentとconsequentは形は同じなのにとれる品詞が異なります。

subsequent:形容詞のみ
consequent:形容詞+名詞もOK

そして、それぞれの名詞形 subsequence と consequence もめんどくさい違いがあり、

subsequence:名詞のみ
consequence:名詞のみ、ただし「(もたらされた)結果」以外の意味として「重大性」という意味を含む。

となっています。

ややこしー!!!ヽ(`Д´)ノ

こういうのが英語は他のヨーロッパ言語に比べて多いので嫌になります。

参考

Consequent and Subsequent
http://www.translegal.com/common-mistakes/consequent-and-subsequent



ブログランキングに参加しています。
Please click this banner!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

Your Reply