Archive for the ‘表現’ Category

「おならする」を英語で


2011
06.29

original ボボボーボ・ボーボボ 2 (ジャンプ・コミックス)

「おならをする」は英語で fart ですが婉曲表現や冗談での表現がいくつもあります。
よく使われる婉曲表現は “to break wind” などでしょうか。

他にも “break gas”“shoot a fairy(妖精を撃つ)” 等の表現もあります。

「いつもの癖で」を英語で言うと


2011
06.25

original updated by Caza_No_7

「いつもの癖でつい〇〇してしまった。」と英語で言いたい時はどう表現しますか?

“like always” や “because” を使った表現でも言い表すことができますが、「やりたくなかったのにやってしまった」感を上手く出せません。 「つい」やってしまった感を出したいときはこの表現を使いましょう。

“force of habit”

例文

“Pontellier had brought down her key through force of habit.”
(Pontellier はいつもの癖で鍵をもって降りてきてしまった。)

from the free dictionary

I’m looking forward to hearing from you と I look forward~ の違い


2011
05.12

海外の掲示板で面白い話題を見つけたので紹介します。

I’m looking forward to hearing from you vs I look forward…
http://www.english-test.net/forum/ftopic12490.html

ネイティブにとってはこの2つの文が違う意味に聞こえるんだとか

◆I’m looking forward to hearing from you.

◆I look forward to hearing from you.

不思議なもんですね。 どうやら I’m looking ~ の方が親しい間柄で使われて、 I look ~ はビジネス用途で使われる formal な表現のようです。

それともう一つこのスレッドの中で面白い表現を見つけました。

Thanks for your Reply. my updation is going on,Thanks for your co-operation.

updating ではなく updation という単語が使われています。
Urban Dictionary によると

Definition:updating; the act or process of bringing up-to-date
Usage:informal

from http://dictionary.reference.com/browse/updation

基本的には updating と同じ意味で使われるようですが、おそらく今回の掲示板のような表現では updating は使われないんじゃないでしょうか。 ここらへんはネイティブの、しかも新しい言葉を感覚的に取り入れる年齢層にしかわからない話でしょう。 機会があれば質問してみたいですね。

on the hour と by the hour の違い


2011
05.11

on the hour は時計の針が12を指す「○時ちょうど」を表す。

The bus passes by the house every hour on the hour.
「そのバスは毎時0分に家の前を通る」

from http://dictionary.reference.com/browse/on+the+hour

by the hour は「一時間毎に」を表す。

I’ve rented a car by the hour.
「(一日計算ではなく)時間課金制で車を借りる」

まあ、これくらいなら間違えても「ああ、まだ英語得意じゃないんだなこのアジア人」と思われるだけで、日常じゃ困らないんでしょうけども正しい英語を使えたほうが良いですよね。

「ここからちょっと歩いた所」と英語で表現


2011
04.24

Original Update by aka Kath

「ここからちょっと歩いたところに大きな公園があるんだ。」と英語で “There is a big park nearby.” で十分ではありますが「ちょっと歩いた所」をそのまま英語表現でも使うことができます。

“There is a big park a short walk from here.” がその答え。

nearby だと「ただ近くにある」という情報だけですが、 a short walk を使えば近くにあるという情報だけじゃなくて、「歩いて行きましょう。」という誘いも意味に含めることができますね。

意外と使える英語フレーズ「黙秘権を行使する」


2011
04.23

Original Update by Rena Lombardero

「黙秘権を行使する」は “invoke the right of silence” になります。

こういう裁判などで使われる難しい表現を実生活では使わないだろうと避けてしまう人は多いんですが、もったいない話です。 何故なら堅苦しい言葉は「くだけた空気」の場所で使えばそれだけでネタとして成立します。

例えばちょっとプライベートな事を質問されて答えたくない時に、そのまま “I don’t want to tell you about it.(あなたにそんなこと言いたくありません。)” ではトゲがたってしまう事があります。 ここまで明確な拒否をしてしまってはあとの会話が続かないでしょう。 ですが、ここで “I invoke the right of silence about it. (黙秘権を行使します。)” なら拒否の意思を示しながらもジョークを交えてるのでそこまで空気は悪くならないでしょう。

相手の立場に経っても「言いたくない。」と単純に拒否されては次のセリフが繋げにくいですが、「黙秘権を行使します。」なら警察の尋問のモノマネでもしながら別の話題に簡単に変える事ができますしね。

on die(オンダイ) の意味


2011
03.29

“on die”の意味がわからなかったので辞書で調べたら「オンダイの」とか出てきて全く役に立たなかったので、意味を探してみた。

こうしたチップ本来の機能ではないが関連する機能が半導体チップ上に統合されている状態を「オンダイ」という。

http://e-words.jp/w/E382AAE383B3E38380E382A4.html

パソコン専門用語だったんですね。 てっきり die が入ってるから「死に物狂い」とかそういう意味かと思ったのに。

英語で「古臭い」を尊敬の念を込めて言う


2011
03.22

どんなに素晴らしい人や。物でも時代の移り変わりで古臭くなってしまうことがあります。
そんなときに “old” ではなく、もっと尊敬の念を込めた表現を覚えておくと役立つでしょう。

Grokking the GIMP is good, but is rather venerable at this point. Two of my favorites are:

from http://www.gimpusers.com/forums/gimp-developer/13349-gimp-vs-photoshop#message61723

グラフィックソフトウェアGIMPの Mailing List からの抜粋です。
Grokking the GIMP は老舗の解説サイトですが、若干情報が古くなっていることを “venerable:伝統を誇る” で表しています。

「英語は婉曲表現がなく直接的な物言いしかしない。」
なんて話を聞いたりしますが、当然ながら英語に各種の気遣いがあり婉曲を用いて表現されることが多くあります。
英語がある程度話せるようになってきたらこういう気の利いた言葉を覚えていきたいですね。

塗り固められた作り笑い


2011
02.01

素敵な笑顔は人を元気にしてくれますが、作り笑いをずっと見てると疲れてきますね。
カウンセリングをテーマにしたドラマ、In Treatment シーズン1・第11話からの引用です。

Everyone’s looking at me with these fake smiles plastered all over their face.

“fake smiles plastered all over their faces” で 「彼ら全員の顔に塗り固められた作り笑い」になります。 plaster は 「しっくいを塗る」という動詞です。

単数で表現したいなら “fake smile plastered his face” になります。

「衝動買い」を英語で


2011
01.27

衝動買い

「衝動買い」を英語では “impulse shopping” と言います。
他にも “impulse buy” や “impulse purchase” それに “buy something on impulse” という表現もあります。

文法の注意点

この表現で気を付けたいのが文法です。 shopping, buy, purchase などの名詞を impulse が修飾していますが、本来名詞を修飾するのであれば形容詞の impulsive が使われるべきです。
impulse には形容詞としての用法はありませんので例外規則として覚えておきましょう。