couldn’t help myself と got carried away の違い

2014
03.20

「やっちゃった!」と失敗した時にいう表現で似たようなものに

couldn’t help myselfgot carried awayがあります。

can’t help oneself

can’t help oneselfの方が若干古い表現で、軽い物に使われる。

例えば「(食べちゃダメなのに)食べるのをやめられなかった。」は

I couldn’t help to stop eating.

になります。

get carried away

この getは be動詞の代わりに使われる「受け身のget」です。
get carried awayという表現自体が口語的なものなので常に get とセットで使われると覚えておくといいでしょう。

直訳すると「流された、運ばれた」ですが、意味としては「我を忘れてやっちゃった。」という感じです。

例えば酒の席でついついみんなに流されてはっちゃけちゃって

「ちょっと、流されちゃっただけなんだって!」と言いたい時は

I just got carried away!

と言えます。



ブログランキングに参加しています。
Please click this banner!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

Your Reply